DEEP!P6! DEEP!MSX! へ戻る

TINY SOUND MODULE(TSM)


MSX用にYAMAHAから発売されたFMサウンドシンセサイザーユニット SFG-01は、 YM2151(OPM)という素晴らしい音源を搭載していたものの、YAMAHAのサイドスロット専用という形状や、 価格が高めだったこともあって、一般ユーザーが気軽に購入できるオプションではありませんでした。
また、対応アプリケーションも、YAMAHAが独自に開発したものがほとんどで、内部資料も少なく、 ユーザーが「こんなソフトがあったらいいのに…」と思っても、自分で開発するにはかなりハードルが高かったと思います。

しかし、今ならそんなことはありません。

オークションを探せば、そこそこの金額で実物を手に入れることができますし、情報はネットを探せばあります。

欲しいソフトがなければ自分で作れば良いのです。

というわけで、SFG-01(SFG-05)を、簡易的なMIDI音源モジュールとして使うツールを作ってみました。


ダウンロード


概要


起動方法


音色データについて


画面の説明


操作説明


音色データのフォーマット


その他いろいろ


最後に